事業説明

しくみ

家庭のミエルカ

家庭メンバー200世帯の皆様(メンバー募集は終了)は、家中の電気の使われ方が、パソコンやタブレット(インターネット)を通して一目で確認できます。

大型施設のミエルカ

市民の生活や観光産業を支える市役所・宮古病院・空港ターミナルビル・2ヶ所のリゾートホテルの5大施設に参加していただき、環境に配慮した電気エネルギーの使い方を検討していきます。参加メンバーはこちらをご覧ください。

事業所のミエルカ

宮古島市内の中小事業所の省エネについて、IT技術を利用して気軽に取り組める仕組みを検討していきます。参加メンバーはこちらをご覧ください。

農業(地下)ダムのミエルカ

宮古島市の重要な産業・農業に欠かせない地下ダムは、実は、大量の電気が使われています。地下ダムの水は、ファームポンドというタンクにくみ上げられて畑に灌水されていますが、くみ上げの際のポンプに電気が使われています。そのため農業にかかるミエルカをすることで、電気の使用量が少ない夜間に動かしたり、ポンプ場の機械の動かし方を工夫しようと島全体で行っています。
これは世界でも初の取り組みとなります。

メンバーの皆様には3つのアクションに取り組んでいただきます。

  • (1) 電力使用量の見える化による省エネ
  • (2) すまエコアクション(電力使用削減アクション)
  • (3) プロジェクトサイト、見える化画面上でのツイッターなどによる情報発信

すまエコセンター

家庭部門・事業所部門・農業部門のミエルカ情報を束ね、常に島で使われる電気の使用量をチェックして家庭やビルに対して節電協力を要請したりする役割を担っています。

すまエコセンター

※すまエコセンター~インターネット~家庭・事業所・農業用水ポンプの図